相続01

税理士を探すことそのものは、そんなに苦労はしません。ネットで探せば、1分もしない内に100人近い税理士を見つけ出すことができるでしょう。しかし相続に強い税理士となると、探すのは一苦労です。100人を探すどころか、1人探すだけでも苦労するのがオチです。
そこで相続税で頼りになる税理士を探す方法について、取り上げます。

「相続税は税金の一種だから、税理士に任せれば何とかなる」とおもうかもしれませんが、喜び勇んで相続税を取り扱う税理士は珍しいです。多くの税理士は、相続税の取り扱いを嫌がっています。理由はハイリスク・ハイコストだからです。
相続税の申告を進める上で避けて通れない仕事が、財産調査です。企業で財産調査を行う際、当事者は生存しているので調査は簡単です。しかし相続税の場合、本人は既に亡くなっているので調査は難しいです。例えるなら地雷がびっしり埋まっている暗闇の中で、宝物を探すようなものです。万が一失敗をしてしまうと地雷を踏んでしまい、相続人と一緒に散ってしまうのがオチです。

また相続税の案件は、毎日のように舞い込む仕事ではありません。その証拠に法人税の申告件数が280万件に対し、相続税の課税対象者は僅か10万人です。ちなみに相続税の課税対象者は、昔と比べると倍近くに増えています。増えて10万人なので、如何に仕事が少ないかがおわかり頂けたでしょうか。
来るかどうか分からない相続税の依頼者を待つぐらいなら、安定して稼げる企業の税務管理をした方が税理士にとっては大きなメリットです。

では相続税に強い税理士を探すには、どうすれば良いのでしょうか。目をつけておきたいのが、老舗事務所です。相続は長い期間かけて進められるので、昨日今日とできたばかりの税理士事務所では便りになりません。学校出たての新人税理士に頼むのも、以ての外です。
しかし老舗事務所であれば経験豊富で、相続税の経験がある税理士が在籍している確率は高いです。ただ相続税の経験を求めるのなら、大手事務所に頼るのも手です。でも大手事務所は人の出入りが激しく、1人の税理士に任せるのは困難です。

でも老舗の税理士事務所であれば、1人の税理士が最初から最後までしっかり承ってくれます。信頼度も厚くノウハウもしっかりしており、相続の手続きも慣れたものです。お礼として支払う報酬についても厳密に設定されているので、お金の心配もありません。
確かな税理士に頼んで、相続税の手続きを滞りなく進めていきましょう。

相続

「相続で頼れる税理士」はインターネットで探せば、かなりの数が見つかります。
しかし本当の意味で相続で頼れる税理士は、一握りしかいません。
では一握りしかいない頼れる税理士を探すには、どうすれば良いのでしょうか。

税理士の選び方について、取り上げます。

まずは、相続についてのキャリアがあるかどうかです。
相続の問題は非常に複雑で、解決するのに時間がかかります。
またどういうトラブルが起きてしまうのか予測ができず、絶対にあり得ないトラブルが本当に起きてしまった事例もあります。
予期しないトラブルは、相続の経験が浅い税理士には荷が重すぎます。
でもキャリアがある税理士であれば、上手く対処してくれるでしょう。

相続についてキャリアがあるかどうかは、税理士事務所のウェブページを見れば一目瞭然です。
ウェブページには税理士の経歴が書かれており、これまでにどういう案件を取り扱ってきたのかも記されています。

また「税理士」と一言言っても、色んなタイプの税理士がいます。
会社会計に詳しい税理士もいれば、節税に強い税理士もいます。
相続について相談する際に会社会計に詳しい税理士に頼めば、満足する結果を得るのは難しいです。
ある程度は対処してくれるかとおもいますが、100%は厳しいでしょう。

相続について税理士に頼むのならば、相続に強い税理士に頼むのが1番です。

相続に強い税理士の数は、多くありません。
相続税の申告が年5万件に対し、税理士の数は7万人ほどと言われています。
また7万いる税理士のほとんどは、会社に関わる仕事をしている人です。
相続税に強い税理士かどうかは、年に相続に関する依頼をどれぐらい受けているのかが大きな鍵となるでしょう。

税務代理権限証書の書き方を丁寧に教えてくれるかどうかも、頼りになる税理士を見極めるポイントです。
税務代理権限書は委任状のようなもので、税理士が相続人に変わって申告書を作成する際に、税務署に提出する書類です。
税務代理権限証書の提出は、法律で決められています。

ただ税務代理権限証書の書き方は、そこまで難しいものではありません。
相続税申告に必要となる書類と比べると、遥かに簡単です。
相続税の申告をする税務署、代わりに申告をする税理士情報・相続人の捺印などをするだけです。

税理士に相続の手続きを頼む際には、相続に強い税理士に頼むのが1番です。

「当たり前だろ」という声もあるでしょうが、当たり前だからこそしっかりと抑えておきたいポイントです。

相続時には対応してもらいたい内容にあわせて専門家に依頼することが可能です。
相続に関する複数の専門家とネットワークを持つ事務所などであれば一括でお任せするということも可能ですが、相談や依頼に合わせて専門家を絞りたいということもあるでしょう。
特に税理士や弁護士どちらに依頼すべきか悩まれる方も多いです。
相談するケースごとに見てみましょう。
続きを読む

相続の相談をするにあたってどの専門家を利用するかについて悩まれることもあるでしょう。
実際に相続の内容やケースによって相談すべき専門家は異なります。
友人の紹介などでは司法書士を紹介されたのに、親族からは税理士を提案されたなどというケースがあるのはそのためです。
また複数の専門家に依頼すると費用も大きくなってしまいます。
時間や費用、手間などを考えてご自身の相続するケースに合わせた相談を行いましょう。
続きを読む

これから相続をされる方の中には申告書の作成や手続きまですべて個人や親族で行おうと考えている方も多いのではないでしょうか。
実際に手間や知識は必要になりますが、個人で行うことも可能です。
しかし専門家である税理士に依頼することはとても有益です。
相続時の税理士の必要性について考えてみましょう。
続きを読む

遺族が財産を相続する際には様々な手続きが必要となります。
場合によっては期限が設けられており、また複雑なことから全て専門家にお任せされる方も少なくありません。
特に相続に関する税金については税理士に一任するのが良いでしょう。
相続の際に税理士に見てもらう時には実績があり評判の高い方に依頼することが求められます。
相続の際に頼ることのできる評判の税理士を見つけるにはどのようにすべきなのでしょうか。
続きを読む

税理士に相続税申告の依頼を検討する際にみなさんの頭を悩ませるのが、いくらくらい報酬が必要なのかということではないでしょうか。
相続する財産によっても異なりますが、ほとんどの方は少しでも安く抑えたいと考えるでしょう。
またどのくらいかかるのか不安といった意見も多く目にします。
相続税の申告に関して、報酬の基準額や相場についてチェックしてみましょう。
続きを読む

税理士へ相談する意味とはどのようなものなのでしょうか。
一般的には相続に関して問題視する方も多くありません。
特に少額の場合ですと控除され相続税が発生しないということもあるからです。
相続税が発生しないのであれば税理士へ相談する必要もないかもしれません。
しかしこれから相続をされる方であればまず税理士へ相談するのをおすすめします。
続きを読む

親族や家族が倒れてしまった時、遺産が多く残っている場合には相続するかどうかの判断をしなくてはなりません。
基本的に負の遺産以外は相続するのが望ましいですが、相続はケースバイケースになります。
遺産や財産については受け取る資格があるのにも関わらず、今後親族でもめることの無いようにするために受け取らないという選択もあるのです。
このような相続に関して、ケースごとによってどの程度相続税が必要になるのかは税理士に相談し算出してもらうのが望ましいでしょう。
続きを読む