相続相談は税理士?司法書士?

相続の相談をするにあたってどの専門家を利用するかについて悩まれることもあるでしょう。
実際に相続の内容やケースによって相談すべき専門家は異なります。
友人の紹介などでは司法書士を紹介されたのに、親族からは税理士を提案されたなどというケースがあるのはそのためです。
また複数の専門家に依頼すると費用も大きくなってしまいます。
時間や費用、手間などを考えてご自身の相続するケースに合わせた相談を行いましょう。

まず税理士に相談するケースについて考えてみましょう。
相続の際税理士に相談できることは相続税に関してです。
相続税の計算や申告書などの作成に関しては税理士の専門分野となっています。
相続税の申告を行わなくてはならない方は限られており、全体の中で10%以下となっています。
相続する財産が3,600万円以上の場合であれば相続税が発生することも考えられるでしょう。
相続を含む税法の改正などは定期的に行われているため個人で判断せずに税理士に依頼するのが望ましいでしょう。

次に司法書士に相談するケースについて考えましょう。
相続の際司法書士に相談できることは相続登記です。
不動産に関しては相続の際に名義変更を行います。
この手続きをお任せすることができます。
しかし相続税に関しては分野では無いため、相続する土地が基礎控除を超えているかどうかは確認すべきでしょう。
司法書士によってはこの相続登記を専門としており、税務に関してはサポート対象外となることもあるため、その際には司法書士と税理士どちらにも依頼することになります。

税理士と司法書士、どちらにも相談する場合とは相続する不動産があり、相続税申告の対象となるケースです。
この場合には相続登記を含め、小規模宅地等の特例などの適用などを詳しく見てもらうべきでしょう。
相続手続きを専門としている事務所ではこれらをまとめて依頼できることもあるため、そのようなサービスを利用するのも考慮すべきです。