税理士への相続手続きの報酬

税理士に相続税申告の依頼を検討する際にみなさんの頭を悩ませるのが、いくらくらい報酬が必要なのかということではないでしょうか。
相続する財産によっても異なりますが、ほとんどの方は少しでも安く抑えたいと考えるでしょう。
またどのくらいかかるのか不安といった意見も多く目にします。
相続税の申告に関して、報酬の基準額や相場についてチェックしてみましょう。

税理士への相続税申告の報酬については一般的に相続する財産に対しての0.5%から1.5%くらいが基準額となっています。
これはあくまでも基準であるため依頼内容によっては2%を超える報酬となることも考えられます。
そのため1%から2%程度は見積もっておくことが良いでしょう。
もちろん相談時に税理士本人に報酬についてしっかりと確認しても良いです。
注意しておきたいことはとても安い額を提示されたからその税理士を選ぶということです。
税理士の力量は個人差もあるため、相続税を専門とする税理士の中で複数見積りを取った上で判断しましょう。

おおよその相続財産額に合わせた税理士報酬をチェックしてみましょう。
まず控除を除く、相続財産額が4,000万円以下の場合は税理士の報酬が20万円から40万円程度となることが多いです。
1億円までは段階的に相場があがっていき、7,000万円程度までですと50万円程度になることがあります。
1億円の税理士報酬は70万円くらい必要となるでしょう。
税理士報酬が100万円を超えるのは1億円が基準であり、3億円で基準額が120万円となります。
相続財産が5億円を超えると150万円、10億円で220万円が必要となるでしょう。

このように相続財産額の累積で報酬額は大きくなりますが、割合は下がる傾向にあるのです。
そのため相続する回数が多ければ多いほど税理士報酬が必要になることもあります。
税理士報酬も含めた上で、生前から財産分与などを行い相続税対策を行っておくことも重要になるでしょう。