相続

・評判をチェックしよう
相続を専門としている税理士もたくさん見つかりますが、その中で誰に依頼をするか迷いますよね。
このときにやっておくといいのが評判のチェックです。
ショッピングでは最近口コミが良く重視されていますよね。
税理士などでも同じで、評判のいい税理士やその法人などあれば、優先的にそちらまで依頼を考えてみるといいでしょう。

その理由は、評判がいい税理士を選ぶとやはり仕事が確実なことが多いからです。
専門家に依頼すればどんな相手でも必ず悩みが解決するとは限りません。
専門家の中でも特に専門とする分野やその依頼をこなしてきた経験の多さなどは差がありますから、うまく悩みが解決しなかったというケースもないわけではないのです。
なるべくきちんと悩みが解決できる税理士を選びたいなら、相続専門の税理士の中でも評判のいい相手を選ぶのがおすすめです。
仕事が確実な相手ほど評判もよくなりますから、相続の依頼をするにあたっても安心ですよ。

さらに評判のいい税理士は対応が早い、丁寧に対応してくれるなど、そのほかの部分でも顧客満足度が高いことが多く、気持ちよく利用できる場合が多いのです。
せっかくなら気持ちよく利用できる相手の方がいいですよね。
このような意味でも相続専門の税理士を選ぶときも評判をチェックしてみるといいですよ。

・評判のいい税理士はどうやって探す?
相続を専門としている税理士の評判の調べ方ですが、簡単なのはインターネットで口コミを調べてみることです。
最近ではいろいろなジャンルの口コミが見られますから、税理士の口コミも探せば見つかる場合もあります。
そちらを見て評判を調べてみましょう。
高い評価がついている税理士事務所ほど狙い目の事務所となります。

このほか、身近な人に相続専門の税理士について聞いてみるのもおすすめです。
相続は身内が亡くなった方なら誰もが経験することですから、場合によっては相続専門の税理士を利用したことがある方が近くにいることもあります。
実際にこれら税理士を利用したことがある方の意見なら非常に参考になりますよ。
その方が利用してよかったという税理士を知っている場合、その方に教えてもらうといいでしょう。

このような方法で相続専門の税理士の評判はある程度調べられます。
調べた範囲で分かった評判を頼りにいい税理士を見つけてみましょう。
なお、うまく評判がわからなかった場合はその他の条件で税理士を選び、一度相談に行ってみるのがおすすめです。
そのときの対応で実際に利用するかどうかを決めるといいでしょう。

相続

相続で重要となってくるのが、期間です。
相続では色々な期間が定められており、その期間内に手続きや申請を行っておかないといけないことも多々あります。
しかし、被相続人が亡くなったばかりの時は、遺産や財産の前に葬儀が必要となりますし、親族への報告や遺品整理、遺書の捜索なども必要となってくるでしょう。
以外にも相続人にとって、時間というのはありません。
ただでさえ働いている人が多い昨今、女性も男性も相続の話に耳を傾けているほど暇ではないという方も増えてきているのが現状です。
ただ、この相続に関しては、しっかりと手続きや申請を行っておかないと、後々トラブルや問題に発展してくることもあいます。
それも踏まえて、専門家への相談を考えておくと良いでしょう。

まず、相続が発覚した時点で、相続するのかしないのかを決めていくことが必要です。
相続する場合は、遺産分割協議が必要となってきますし、相続しない場合は、相続放棄が必要となってきます。
それぞれ期間が決められていて、遺産相続協議に関しては最高でも10か月以内に決めておかなくてはなりません。
これは、万が一相続する遺産が3,600万円を超えていた場合、申告と納税が必要となってくるためです。
また、相続放棄する場合に限っては、3か月と決められています。
そのため、相続しないと思った場合には、早めに相続放棄の手続きが必要となるのです。
申請を行うのは簡単ですが、他の遺族や家族が良しとしないこともあるので、それらの相談も含め、専門家を交えて会議しておくと良いです。
相続放棄した場合は、もともと相続権を持っていなかったという認識になるため、本来受け取るはずだったものを他の家族や遺族で分割することになります。
それはつまり、他の人の税金の負担も大きくなるということです。
それらを踏まえて協議が必要となるので、早めに相談しておくことをおすすめします。

第三者がいることによって冷静に相談できるので、そういう意味でも税理士は活用しておきたいところです。
ただ、遺産分割協議に関しては、介入ができない場合もあります。
そういう点に関しては、家族や遺族でしっかりと話し合っていくようにしましょう。
あくまでも税理士は相続で必要となってくる税金に関して対応しているものなので、そこはしっかりと考えておくと良いのではないでしょうか。
その上で相談すれば、より対応もしやすくなっていくはずです。

相続01

税理士を探すことそのものは、そんなに苦労はしません。ネットで探せば、1分もしない内に100人近い税理士を見つけ出すことができるでしょう。しかし相続に強い税理士となると、探すのは一苦労です。100人を探すどころか、1人探すだけでも苦労するのがオチです。
そこで相続税で頼りになる税理士を探す方法について、取り上げます。

「相続税は税金の一種だから、税理士に任せれば何とかなる」とおもうかもしれませんが、喜び勇んで相続税を取り扱う税理士は珍しいです。多くの税理士は、相続税の取り扱いを嫌がっています。理由はハイリスク・ハイコストだからです。
相続税の申告を進める上で避けて通れない仕事が、財産調査です。企業で財産調査を行う際、当事者は生存しているので調査は簡単です。しかし相続税の場合、本人は既に亡くなっているので調査は難しいです。例えるなら地雷がびっしり埋まっている暗闇の中で、宝物を探すようなものです。万が一失敗をしてしまうと地雷を踏んでしまい、相続人と一緒に散ってしまうのがオチです。

また相続税の案件は、毎日のように舞い込む仕事ではありません。その証拠に法人税の申告件数が280万件に対し、相続税の課税対象者は僅か10万人です。ちなみに相続税の課税対象者は、昔と比べると倍近くに増えています。増えて10万人なので、如何に仕事が少ないかがおわかり頂けたでしょうか。
来るかどうか分からない相続税の依頼者を待つぐらいなら、安定して稼げる企業の税務管理をした方が税理士にとっては大きなメリットです。

では相続税に強い税理士を探すには、どうすれば良いのでしょうか。目をつけておきたいのが、老舗事務所です。相続は長い期間かけて進められるので、昨日今日とできたばかりの税理士事務所では便りになりません。学校出たての新人税理士に頼むのも、以ての外です。
しかし老舗事務所であれば経験豊富で、相続税の経験がある税理士が在籍している確率は高いです。ただ相続税の経験を求めるのなら、大手事務所に頼るのも手です。でも大手事務所は人の出入りが激しく、1人の税理士に任せるのは困難です。

でも老舗の税理士事務所であれば、1人の税理士が最初から最後までしっかり承ってくれます。信頼度も厚くノウハウもしっかりしており、相続の手続きも慣れたものです。お礼として支払う報酬についても厳密に設定されているので、お金の心配もありません。
確かな税理士に頼んで、相続税の手続きを滞りなく進めていきましょう。

相続

「相続で頼れる税理士」はインターネットで探せば、かなりの数が見つかります。
しかし本当の意味で相続で頼れる税理士は、一握りしかいません。
では一握りしかいない頼れる税理士を探すには、どうすれば良いのでしょうか。

税理士の選び方について、取り上げます。

まずは、相続についてのキャリアがあるかどうかです。
相続の問題は非常に複雑で、解決するのに時間がかかります。
またどういうトラブルが起きてしまうのか予測ができず、絶対にあり得ないトラブルが本当に起きてしまった事例もあります。
予期しないトラブルは、相続の経験が浅い税理士には荷が重すぎます。
でもキャリアがある税理士であれば、上手く対処してくれるでしょう。

相続についてキャリアがあるかどうかは、税理士事務所のウェブページを見れば一目瞭然です。
ウェブページには税理士の経歴が書かれており、これまでにどういう案件を取り扱ってきたのかも記されています。

また「税理士」と一言言っても、色んなタイプの税理士がいます。
会社会計に詳しい税理士もいれば、節税に強い税理士もいます。
相続について相談する際に会社会計に詳しい税理士に頼めば、満足する結果を得るのは難しいです。
ある程度は対処してくれるかとおもいますが、100%は厳しいでしょう。

相続について税理士に頼むのならば、相続に強い税理士に頼むのが1番です。

相続に強い税理士の数は、多くありません。
相続税の申告が年5万件に対し、税理士の数は7万人ほどと言われています。
また7万いる税理士のほとんどは、会社に関わる仕事をしている人です。
相続税に強い税理士かどうかは、年に相続に関する依頼をどれぐらい受けているのかが大きな鍵となるでしょう。

税務代理権限証書の書き方を丁寧に教えてくれるかどうかも、頼りになる税理士を見極めるポイントです。
税務代理権限書は委任状のようなもので、税理士が相続人に変わって申告書を作成する際に、税務署に提出する書類です。
税務代理権限証書の提出は、法律で決められています。

ただ税務代理権限証書の書き方は、そこまで難しいものではありません。
相続税申告に必要となる書類と比べると、遥かに簡単です。
相続税の申告をする税務署、代わりに申告をする税理士情報・相続人の捺印などをするだけです。

税理士に相続の手続きを頼む際には、相続に強い税理士に頼むのが1番です。

「当たり前だろ」という声もあるでしょうが、当たり前だからこそしっかりと抑えておきたいポイントです。

相続時には対応してもらいたい内容にあわせて専門家に依頼することが可能です。
相続に関する複数の専門家とネットワークを持つ事務所などであれば一括でお任せするということも可能ですが、相談や依頼に合わせて専門家を絞りたいということもあるでしょう。
特に税理士や弁護士どちらに依頼すべきか悩まれる方も多いです。
相談するケースごとに見てみましょう。
続きを読む

相続の相談をするにあたってどの専門家を利用するかについて悩まれることもあるでしょう。
実際に相続の内容やケースによって相談すべき専門家は異なります。
友人の紹介などでは司法書士を紹介されたのに、親族からは税理士を提案されたなどというケースがあるのはそのためです。
また複数の専門家に依頼すると費用も大きくなってしまいます。
時間や費用、手間などを考えてご自身の相続するケースに合わせた相談を行いましょう。
続きを読む

これから相続をされる方の中には申告書の作成や手続きまですべて個人や親族で行おうと考えている方も多いのではないでしょうか。
実際に手間や知識は必要になりますが、個人で行うことも可能です。
しかし専門家である税理士に依頼することはとても有益です。
相続時の税理士の必要性について考えてみましょう。
続きを読む

遺族が財産を相続する際には様々な手続きが必要となります。
場合によっては期限が設けられており、また複雑なことから全て専門家にお任せされる方も少なくありません。
特に相続に関する税金については税理士に一任するのが良いでしょう。
相続の際に税理士に見てもらう時には実績があり評判の高い方に依頼することが求められます。
相続の際に頼ることのできる評判の税理士を見つけるにはどのようにすべきなのでしょうか。
続きを読む

税理士に相続税申告の依頼を検討する際にみなさんの頭を悩ませるのが、いくらくらい報酬が必要なのかということではないでしょうか。
相続する財産によっても異なりますが、ほとんどの方は少しでも安く抑えたいと考えるでしょう。
またどのくらいかかるのか不安といった意見も多く目にします。
相続税の申告に関して、報酬の基準額や相場についてチェックしてみましょう。
続きを読む

税理士へ相談する意味とはどのようなものなのでしょうか。
一般的には相続に関して問題視する方も多くありません。
特に少額の場合ですと控除され相続税が発生しないということもあるからです。
相続税が発生しないのであれば税理士へ相談する必要もないかもしれません。
しかしこれから相続をされる方であればまず税理士へ相談するのをおすすめします。
続きを読む